自分を責めてはいけない

自分を責めてはいけない

自分を責めてはいけない

 

ダイエットで「自分を責めてはいけない」って、どういうことなのだろうと思いますよね。

 

実は私たちは、無意識のうちに、「自分自身を責める」ことをしているのです。数多くあるダイエット方には「ダイエットは自分自身に厳しくしなければ、絶対に成功はしない」という勝手な思い込みがあります。

 

「自分に厳しく」=「自分を甘やかさない」そういう思い込みの中でダイエットをしていると、「ダイエットしているのにお菓子を食べてしまった……」「ご飯をつい食べ過ぎてしまった……」ということが起きたときに、「これくらいの我慢もすることができないなんて、自分にはダイエットは無理なんだ!」と自分自身を責めてしまうことになります。

 

そして、「こんな誘惑に簡単に負けてしまう自分では痩せることはできない」と自分の未来をも否定してしまうのです。

 

トップページでも説明したように、人間の脳には元に戻りたい機能があって、ダイエットを挫折させようと、あの手、この手を使ってくるのです。

 

特に甘いお菓子であったり、揚げ物などの脂っこい食べ物は、人間の摂食中枢に直接作用することにより、中毒症状的な欲求を引き起こす場合もあるのです。

 

ダイエットで食事制限を続けているときに、お菓子や揚げ物をひと口でも食べると、さらに食べたくなるときがあります。これは、食べられるときに食べておこうという生き残るための作用が発生するからです。腹八分目で食事をなかなか終わらせられないのは、このような理由によります。

 

そこで、私は、どうしても我慢できないときは、食べてもいいというルールを設けています。理由はどこかで必ずその反動が来てしまうからなのです。その大きな反動が来るぐらいであれば、食べたくなったら食べた方がダイエット脳をつくるためには、とても効果的なのです。

 

食べたくなったら?

 

食べたくなったら、我慢をしないで食べてもいいのですが、ここでひとつの約束があります。それは、「決して自分自身を責めないこと」です。せっかく美味しいものを食べたのに「私は意志が弱いからダメだ!」とか「こんな私は痩せることなんてできない…」とは決して思ってはいけません。「あー、いいもの食べた。美味しかったなあ」と、ご飯を美味しく食べられる機会が持てたことに感謝して、「じゃあ、明日からまたダイエットを頑張ろう!」 と再びいつものダイエット生活に戻ればいいだけです。

 

自分を責めてしまうと、ダイエットを継続するために必要なモチベーションがゼロになってしまい、ダイエットを継続することができなくなります。それよりも、ダイエットを継続する方が、何百倍も重要なことなのです。

 

1日、2日、食べ過ぎてしまっても長いスパンで見れば、ほんの一瞬の回り道といえるでしょう。旅も寄り道、回り道をした方が楽しいように、ダイエットも寄り道や回り道をした方が、回復をするためのモチベーションが逆に向上したりするのです。

 

ダイエットも1回で成功した人なんて1人もいないのです。皆さん、何かしら挫折や失敗を繰り返しながら、一時は投げ出そうかという経験をしながら、あきらめずに継続した結果、ダイエットに成功しているのです。

 

それにダイエットできる脳ができれば、ちょっと食べ過ぎたなと思っても、数週間あれば体重が自然と減っていくのです。ですので、どうしても我慢できないときは、ダイエットを忘れて、家族や友人と語らいながら美味しく食べましょう。

痩せるためには考え方を変えたり、生活習慣の改善や運動などがどうしても必要になりますが、ダイエットの結果がなかなか表れないと多くの人が途中で挫折してしまうんですよね。挫折せずにダイエットを成功させるためには、なるべく早く結果を出すことがポイントです。


早く結果を出すために欠かせないアイテムがサプリメントです。とくに少しでも楽にダイエットを成功させたい人にとってサプリメントはマストアイテムです。そこで、十分な効果が期待できるおすすめのサプリメントをご紹介します。


https://痩せるには.net/絶対痩せるサプリメントランキング